ユキノフルヨルニ

アイスエンブレムのリアル&TS日記です。 痛いところとかあっても 無視な方向で…w

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

格闘ゲームの作成進行度・パート2

大分暖かくなってきた今日この頃、就職活動に勤しんでいるはずの
アイスですが、某社の第1次面接の結果が返って来ないので大分
春休みを持て余していたりします。次の会社、そろそろ受けようか
悩んでいたりするんですけどね、結構タイミング的にシビアなので
難しいです^^;

そんなわけで暇なアイスがやっているのは格闘ゲームのプログラミング
です、大分時間が空いてしまいましたがそれでも地道にちょっとずつ
改善(改悪とも言う)しているわけですが、今日はその報告をしようと
思います。

↓以下プログラムの話・・・かな

格闘ゲームのプログラムを作るきっかけはサートゥルニさんのサイトにあった
「格闘ゲームをHSPで作っています。」を見たのが始まりです。もともとプログラムを
組んでなにかを作ろうと思っていたのですが、なかなかきっかけがなかったのとC言語で失敗
(正確にはコンパイラーを探してきて入れたけど動かなかった)があったので
頓挫していました、もちろんそれであきらめずに日本語でプログラミングできるエディッターを使ってプログラミングしてみたり(でも、うまくやりかたがわからなくてやっぱり頓挫)
HTMLやJAVAスクリプトに手を出してみたりと結構幅広くやっていたりします。
今はHSP3.0を基本にプログラムを組み込んでいますけどね。

プログラムを組むといってもまだまだ初心者みたいなものなのでバグとか多いのが難点
ですがHSPは使いやすい言語で初心者向きなのが助かります。プログラムを実行
した際にエラーがあるとどこの行に問題があるとかどういったエラーであるかを
詳細に教えてくれる点と、最初からエディッター自体にコンパイラーがついてる点
だと思います。もちろんフリー言語(無料)で使える点も見逃せませんが(笑)
欠点をあげるのならマイナーな言語なので関連書籍が非常に少ないのと
大型書店でも取り扱ってないことが多いことでしょうか。HSP専用掲示板があるので
そこで情報を自力であつめるかあんまり多くありませんがHSP講座等を見て
自力でなんとかしなくてはいけません。とは言え、プログラムの基本は自力でなんとかする
なのでそこは作る人の気合次第ですね。

さて、肝心なプログラムの進行具合なのですが
システムの開発にものすごい時間をかけたせいかそれともプログラム作成になれたおかげか
大分プログラムの記述が早くできるようになりました。もっともどこの部分も似たような記述を何度も
繰り返すだけなのでそれほど目新しいのは入れてないんですけどね。プログラムはだいたい
if文による分岐条件とその作っているプログラムの目的にあった記述をするだけなので、
何度も似たようなこと処理する事が多いです。そういった処理を一括して処理するように
してあげると記述する文が少なくてすみますしなにかのバグが発生しても対処しやすくなります。
特に仕様の変更の際は早く変更ができるのでプログラマーの負担が減ります。もっとも私は
共有化の概念をしっていても、そういう風に作っていないので後々苦労しているわけですがOTZ
プログラムで必要なのは作成前にどういった物を作るかという構想とそれを作るための構造体を
書いた仕様書があるとのちのちにプログラミングしていく上でプログラムの衝突とかが、
起きにくくなるのでお勧めです。私?そんなもの作ってませんがナニカ?(ぉぃ
動けばいいんですよ動けば!(死語

えっと作成具合から大分話がそれてしまいましたが。
今のところキャラクター選択画面を実装してジョイスティックとキーボードを連動する仕様に
したところまで進みました。また、操作側の使える竜キャラに魔法攻撃を使えるようにまで
行ったのですが…パワーゲージの概念を付けてないので好きなだけ撃てたり、魔法のバグ
が出たり(魔法の飛ぶ座標がおかしくなったり、飛翔判定がおかしくなることもしばしばーー;)
と大分マズイことになっています。もっとも魔法に関しては突貫工事で取り付けたような、
検証の少ない状態で実装した問題が大きいのですが、それ以前にCPUの動きの詳細と座標を
把握しきれていないのが大問題だったりします。CPUについては操作側のキャラ±80
離れた状態で追いかけるような単純なプログラムなのですが、どうも±80が問題らしく
X=操作側キャラのX座標 EX=CPU側のX座標でX<EXからX>EXになったり
逆になった際に判定がおかしくなるようです^^;修正方法がないわけでもないのですが
結構めんどくさいです。魔法の飛翔の問題もIF文を使って詳しく規定してあげて
さらに座標の判定にもIF文で規定してあげれば問題は解決するはずです(たぶんだけど
ところでIF文で思い出したのですが、TSで最近流行のチャットバグなのですが
小文字が間違って入力されちゃうバグはきっと変数を入れる代入の重なりが問題で
数字と文字を一緒に入力するとハングル文字になっちゃうバグはたぶんIMEの連動のバグだと
思います。絶対単純なプログラムミスだと思うんですけどね。特に変数が重なっていたら
別の変数に変えてあげればいいだけなのですが、修正するきないのでしょうか^^;
気長に修正されるの待つしかなさそうですね(´・ω)







 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あなたもコレで幸せに!

こんな方法あったんですね。

seesaa 2007年03月30日(Fri) 13:30


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。